電力自由化事業

電力を自由に選べる時代

電力の自由化とは?

電力は電力会社から購入するのが当たり前の時代でしたが、
電力の自由化による「PPS(新電力)」の参入によって、
特定の電力会社以外からも電力を購入することができるようになりました。
市場での価格競争が活性化し、新しい電力サービス・プランが生まれたことで、
個々のニーズに合わせて「電力の購入先を選択する」ことが可能になります。

自由に電力会社を選び、電気を購入できるようになります

日本の電気料金は高い

現在、日本の電気代は先進国の中で最も高いと言われています。
これは、地域によって決められた大手電力会社によって電力が供給されていたため、
価格の競争原理が働かなかったことが原因です。
また、発電にかかる全コストに、適正な利潤を加算して算出されていたことも高価格の原因のひとつとなっていました。
すでに電力小売自由化に踏み出している諸外国に続き、日本も電力自由化に向けて動き出しています。

電力の仕入先が選べる時代に

電力の自由化によって、これまで地域ごとに決められていた特定の電力会社だけでなく、
他の電力事業者からも電力を購入することができるようになります。
つまり、今まで決まった1社からしか買うことのできなかった電力を、
これからは「どの会社から買うか」、個々に選択できるようになるのです。

PAGE TOP